コドミン 何歳から

ADHDの症状は何歳から?

コドミンは、ADHDを治すことが出来る、子どものためのサプリメントです。愛するお子様のためにも、何歳から症状が出るのか、詳しく知っておきたいですよね。

 

何歳から?ADHDの表れ方は曖昧

ADHDの症状の例として「落ち着きがない」「忘れ物をしやすい」などがあります。しかし、症状が似ているからと言って、ADHDとははっきり判断することは難しいですよね。コドミンで治療をするとしても、飲み始めるタイミングが難しくなります。

 

何歳から、ADHDとしての症状が大きくなるのかというと、3〜6歳頃です。さらに、ADHDであると0歳から、少し様子が変わっていることがあります。コドミンで治すためにも、例として、年齢別の症状をご紹介しますね。

 

年齢別の症状について

0〜1歳ころは、落ち着きが無く体の動きが止まらなかったり、かんしゃくを起こしやすいといった特徴があります。しかし「この子は元気な子だなぁ」という判断もできますよね。非常に曖昧な特徴ではありますが、ADHDの可能性はあると認識しておいてください。

 

1〜3歳の子どもは、自分で動けるようになるため、多動性が目立ちはじめます。単に、元気に動き回るだけだとしたらともかく、他の子に乱暴をしたり、わがままだったりと、周りの子よりも、ずば抜けてやんちゃな特徴がある場合に、ADHDである可能性があります。

 

3〜6歳は、ADHDの場合は症状が特に大きくなり、本格的になります。何度同じことを注意しても繰り返してしまったり、集団行動が出来ないなど、困った行動が目立ちます。これもまた、非常に曖昧な判断になりますが、ご家庭での行動に異常が無ければ、ADHDの可能性は低いと考えられます。

 

子どもの行動は予測不能であるのが、通常であるとも言えます。活発的に体を動かしたり、動き回るのは良い事でもありますが、周りの子との違いが目立つと気になってしまいますよね。

 

ADHDかもしれない、と思ったら

ADHDの年齢別の症状を見てみても、とても判断するのは難しいです。「うちの子なら大丈夫」と思うのは普通です。まさか、自分の子どもがADHDだとは思いたくありませんよね。

 

ですが、もし本当にADHDであるとしたら、お子様のこれからの人生を崩してしまうことにも繋がってしまいます。少しでも症状に心当たりがあれば、治療してあげてください。ADHDは「早期発見」が大切です。

 

ADHDの治療は、心のケアが優先的に行われます。薬を処方されることもありますが、小さい子に薬を飲ませるのは、少し抵抗がありますよね。

 

心のケアは効果があるという保証もありませんし、薬を飲ませることにも抵抗が... ADHDの治療法には、カラダに優しい「サプリメント」という方法もありますよ!

 

ADHDの治療はコドミンで始めましょう。ラムネ味の飲みやすいサプリメントですので、小さいお子様も嫌がらずに飲んでくれるでしょう。

 

ADHDは「何歳から」という具体的な判断材料はありませんが、早めに治療してあげましょう。コドミンの詳細は、公式サイトでご覧いただけます。

 

>>コドミンの最安値はこちら